水洗トイレで水漏れが発生してしまう仕組みとその対処策とは?

水洗トイレの代表的なトラブルである水漏れ

水洗トイレによくあるトラブルの一つに、水漏れというのがあります。これは、便器に流すための水を貯めてあるタンクから、水が漏れ出してしまうというものです。このために、トイレの床がいつも湿ってじめじめした状態になってしまったり、ひどい場合には、トイレの床に水溜りができてしまったり、といったことになってしまったりします。こんな状態を放っておくわけには行きませんから、タンクの水漏れ箇所を突き止めて、漏れを塞ぐ措置を講じることになるわけです。

水洗トイレの仕組みと水漏れを起こす箇所

そもそも水洗トイレとは、用を足した後に、便器の中の汚物を水流で下水管に流し込んでしまう、という方式のトイレです。このために、水洗トイレでは、必ずトイレに水道管が引き込まれていて、その水道管から貯水タンクに規定量の水を貯め込むようになっており、用を足した後に水洗ボタンなどを押すと、この貯水タンクから大量の水が便器に流れ込んで、この水流で汚物を下水管に押し流す、という仕組みになっているわけです。この常に水が蓄えられている貯水タンクから、不必要に水が漏れ出してしまう、といったことが起こる場合があるのです。

水漏れのし易いタンクから便器への送水管の継ぎ目

この貯水タンクからの水漏れにも、いくつかのパターンがあるのですが、中でもよくあるのが、タンクから便器に水を流し込む送水管とタンクとの継ぎ目部分が磨耗していて、そこから水が漏れ出してしまっている、といったものです。だいたいにおいて、送水管や配水管といったものは、その継ぎ目の部分がいちばん水漏れのし易い箇所、となっているのです。そこで、このパターンの水漏れが生じた際には、その継ぎ目の磨耗度合いに応じて、水漏れがしないように補修を行う必要があることになります。

トイレ詰まりを業者に依頼しなくても、解決することができる方法があり、カップの底が出っ張っているトイレ用のラバーカップで詰まりを取ることができます。

Comments are closed.