トイレ詰まりはこれで解決!詰まりを直すベスト3選

バケツで詰まりを直す方法

もしもお家のトイレが詰まってしまったらどうしますか?すぐに修理業者を呼びますか?いえいえ、自分で簡単に直せる方法があるんですよ。まずは、バケツを使って軽い詰まりを直す方法があります。バケツに水を入れて、高い位置からトイレに流し入れます。ここで気をつけたいのは、勢いよく流し込まないことです。勢いよく流し入れたせいで、便器から汚水が溢れ出してしまうかもしれませんから、ゆっくりとトイレに流しいれることが大切です。

ラバーカップを使って直す方法

軽い詰まりなら、バケツで水を入れることで解消できますが、もっと重い詰まりの場合、バケツで水を入れただけでは直らないかもしれません。その場合はラバーカップ(スッポン)を使用してみましょう。使い方が良く分からないという方でもこつを覚えてしまえば簡単です。トイレの排水口に向かってラバーカップを水平に押し付け、空気が入らないように吸着させてから、勢いよく引き抜きましょう。これを何度も行うと大抵の詰まりは直るはずです。

お湯と重曹を使って直す方法

バケツを使ってもラバーカップを使っても詰まりが解消できなかった場合は、お湯と重曹を使ってみましょう。まず用意するのはバケツ一杯のお湯に軽量カップ半分の重曹、そして軽量カップ半分のお酢です。これらを全て一緒に混ぜてから、ゆっくりとトイレの排水口に流しいれます。それから一時間ほどそのままの状態にしてから、最後に水を流してみましょう。重曹とお酢を使うことで、詰まったものを柔らかくすることができ、詰まりを解消することができます。

水回りのトラブルは家庭でのトラブルでよく起こりますが、水道のトラブルは自分で水道修理をするよりも業者に依頼した方が確実なので、長期的にみても業者に任せた方が安心できます。

Comments are closed.