Most Popular Photograph

f_92699696.jpg

電子メールは簡単に漏えいしてしまう

今や社内で当たり前のように使っている電子メールですが、使い方一つで覚えはなくとも簡単に情報を漏えいしてしまうんです。ですので、電子メールを使う際には、プライバシーに気を付けなくてはいけません。特に気を付けなくてはいけないのが、複数の人にメールを送る時になります。メールには、To、Cc、Bccという3種類の送信先を使う事が出来ます。誰にでも何も考えずにToを使ってしまいますと、メールを送った人全員の情報が解ってしまいますので、気を付けましょう。


Bccは意味を理解して正しく使おう

メールを送る際に、Bccの意味が解らずに曖昧なままで、使わないでいる人も多いのではないでしょうか。Bccには、自分が送ったメールの受信者に、他に誰にメールを送ったのか解らないようにするという役割があります。ですので、複数の関係者にメールを送信する場合には、メールアドレスを知られても問題ない人と、上手に分けて送るようにしましょう。ですが、社内の人間同士でメールを送る場合には、基本的にはメールアドレスを知られて困る人はいませんので、Bccは使わなくても問題ありませんよ。


メールの転送時には、差出人の署名に注意!

お客様からもらったメールを、訳合って外部に転送しなくてはいけない場合には、差出人の署名に気を付けなくてはいけません。本来であれば、そのメールの文章だけを送るつもりが、署名もそのままにして送ってしまったが為に、相手の情報が外部に流出してしまう事もあるんです。ですので、外部にメールを転送する場合には、そのままコピペをするのではなく、必要な本文だけを抜き出すようにしましょう。仕事をしていると、どうしてもプライバシーには気を付けなくてはいけません。情報を安易に漏えいしないように、細心の注意を払って仕事をするようにしましょう。



機密文書の取り扱いでは処分方法も非常に重大です。シュレッダーを使用して社内で処分する企業が多いのですが、最近では専門業者に依頼して溶解処理する企業も増えています。

知っておこう!オフィスで活かせるプライバシーを守る為に必要なポイント

0 Loves

f_42476335.jpg

電気製品が壊れたかなと思った場合の対処方法

電気製品って結構便利ですよね。技術が進歩している賜物だと思います。最近では、自分で動いちゃう掃除機なんてのも販売されています。お掃除が楽ですよね。重い掃除機を引っ張らなくても広いリビングがあっという間にきれいになっちゃいますよね。そんな便利な家電製品ですが、たまに動かなくなって心配になってどうしたらいいかわからない時がありますよね。そんな時はためらわずに家電のサポートセンターに電話してみましょう。故障かどうかがわからない場合でもオペレーターさんからアドバイスをもらって修理にならない場合もあります。便利な家電製品長持ちするように大切に使っていきたいですね。


電気製品の使い方ー落とすな注意

電気製品は便利ですが精密な機械ですので、ささいなことで壊れてしまう可能性もあるんですよね。例えば、ふとした瞬間に落としてしまった場合は、何かしら不具合が起こる可能性というものが高くなります。悪化した場合は使えなくなってしまうことだってあります。不具合が起きてしまってからでは、修理代も馬鹿になりません。なのでできるだけ落とさないようにしましょう。また、落としてしまった場合は必ず動作確認をして、少しでもおかしい場合は、販売されたお店に修理窓口があるので相談してみましょう。


便利な電気製品のプレゼント

最近では、コンパクトで便利でかわいいデザインの電気製品がありますよね。見つけた時は、親孝行や出産祝い・結婚祝いなどで1つプレゼントしたくなることがあります。プレゼントをされる側も川も嬉しくてたまらないはずです。そんなこともありますが、気持ちを込めてプレゼントをした時は、必ず保証書等で故障にも対応できるようにそえつけましょう。そこまでするのが、心のこもったプレゼントというものになるでしょう。花束をプレゼントする時に添えるミニレターのような感覚ですよ。



プリント基板実装とはプリント基板に電子部品を接合し、回路として動作できるようにすることです。挿入実装・表面実装・ベアジップ実装の3つの形態に分けられます。

故障?どうしたらいいの電気製品の家電あるある

0 Loves